キャッシングを利用するメリット

消費者金融:今月の金欠問題、キャッシングで解決してみては?

冠婚葬祭や大型連休、車検におつきあいなどなど・・・。予想外の出費や急な出費が続くと、予期せぬ金欠になってしまうことがあります。「どうしよう!今月はどうしてもお金が足りない!」
消費者金融の借入があるとクレジットカード審査は不利?

たとえ普段はつつましく節制していたとしても、多くの方はなんらかの事情でこんな経験をしたことがあるはずです。ひょっとすれば、今現在そのようなピンチを迎えていらっしゃる方もおられるかもしれませんね。そんなピンチをあなたはどのように乗り切るのでしょうか?

親や兄弟、または親戚など、近しい方に借りますか?または、信頼の置ける恋人や友人?しかし、顔を知っている知人や肉親に「どうにか、お金を貸して欲しいんだ。」という言葉をかける事って、想像以上に勇気の必要な事ですよね。
千葉県ホームページ

お金を借りた後も続いていくであろう人間関係を考えると、できるだけ行いたくはない行為であると考えるのが一般的かもしれません。

ところが、「言い出せないから・・・。」と何もしないでいても、今月訪れてしまった金欠問題はまったく解決しません。「どうしても、今すぐお金が必要。でも、誰にもそんな相談できない。」もしもそのように思い悩んでいるのであれば、解決策の選択肢として〝キャッシング〟という選択肢を加えてみてはいかがでしょうか?

キャッシング、と聞けば、なんだか危険で怪しいイメージを持たれるかもしれません。なにより、今すぐ必要であるのに、これから申し込みや審査をすると考えれば、「そんなに待っていられない!」と焦ってしまうケースもあるでしょう。

ところが、近年のキャッシングは審査も大変スピーディーで、午前中に申し込めばその日のうちにキャッシングが可能である事も珍しくはないのです。

もちろん、だからといって無理な利用をすることはお勧めできませんが、正しい知識を身につけて、賢く利用することができれば、今月の金欠問題もクリアできるはずなのです。

まずは、キャッシングがどのようなものであるのか、また、どのような部分に気をつけて利用するべきなのか。より賢く使うための第一歩として、正しい知識を身につけましょう。

電話での在籍確認を回避してキャッシングを利用する方法

キャッシングを申し込む時に気になるのが、職場への在籍確認です。

貸金業法では第三者に契約することを漏らしてはいけないと定められているので、在籍確認の電話の際は会社を名乗らないようにしています。

どのような電話がかかってくるのかというと「田中ですが○○さんはいらっしゃいますか」といった風に個人名で電話がかかってきます。

もし席を外していたとしても「○○は席を外しております」というように在籍していることさえ確認できれば大丈夫です。 この場合、また会社に電話がかかってくることはなく、携帯電話に在籍確認ができたことを知らせる電話があります。

職業柄、頻繁に電話がかかってくる人なら職場の人に不審に思われることはないでしょう。

ですが、日頃電話がかかってくることがない人の場合は個人名からの電話であったとしても怪しく見えてしまうものですし、取り次いだ人が消費者金融に詳しい人なら勘付かれる可能性があります。

こうした理由から、できれば電話による在籍確認を行っている業者を利用したいと思っている人が多いようです。 大手の消費者金融の中には電話で在籍確認をしない業者もあるので、どうしても電話がマズイ方は在籍確認方法をチェックしておくと安心です。

電話で在籍確認をしない場合、勤務していることを証明できる社員証や給与明細、健康保険証などの書類があれば、簡単に在籍確認ができるシステムになっています。

コピーを郵送したりFAXをする必要はなく、携帯電話やスマホで撮影してメールで送るだけなので簡単です。

この時注意したいのが、文字がはっきり見えるように撮影することです。 ピントが合っていない写真の場合は再提出が求められるので、その分時間をロスすることになってしまいます。

ただし、大口の借入を希望する場合は審査が厳しくなるので、電話での在籍確認が必須となります。 消費者金融は少額の借入がメインなので心配はないと思いますが、念のために在籍確認の方法をチェックしておくことをオススメします。

キャッシングの金利を計算する方法

キャッシングを利用する時に必ずチェックしたいのが『金利』です。 金利は貸金業者の利益であり、貸金業者はお金を貸すことで利益を上げています。

金利の計算方法ですが、金利は1日単位で算出されるので日割り計算をします。 月や年単位で金利が発生するわけではありません。

もし年利20%の場合は1日当たり『20%÷365日=約0.05%』になります。

なぜわざわざ日割りにしているのかというと、日割りにしないと契約時に決めた利息より負担が増えてしまうことになるからです。

キャッシングを利用すると返済日が設定されますが、返済日より早く返すことが可能です。

口座からの引き落としで返済する場合は返済日に返すことになりますが、ATMの場合はいつでも自分の好きなタイミングで返済できます。

返済日よりも早く返した場合、日割りしていないと設定されている利息よりも多く支払ってしまうことになるのです。 利息に関する決まりは利息制限法などによって定められているので、これを破らない為にも1日単位で利息を算出する必要があります。

詳しい計算方法を説明すると、 『返済額=借入金額×実質年率÷365日×借入日数』

となり、もし元金が50万、実質年率が18%、借入日数が30日だとすると50万×18%÷365日×30日になり、7,397円(端数切捨て)になり、30日間で一括返済する場合は返済総額が507,397円です。

計算するとわかりますが、早めに返済したら利息の負担を軽減することができます。

また、貸金業者の多くは無利息キャンペーンを実施しており、無利息の期限が設けられています。 さすがに無制限に無利息というわけではありませんが、お得にキャッシングを利用できるので有難い存在です。

だいたいは1週間、1か月間、半年の3つの無利息プランが存在しており、貸付金額が50,000円だったり、利用限度額の範囲内だったりと貸金業者によって異なるので確認が必要です。